恋愛の心理は謎のままの方が良い

人は恋をすると相手の事をもっと知りたくなるのです。

これは恋愛の普遍的な心理です。

先日読んだある本には、異性が発するなんらかの
フェロモンによって人は恋に落ちると書かれていました。

また、ある本には恋愛は心理的な勘違いで起こるとも書かれていたのです。

フェロモンであろうが心理的な勘違いであろうが、
失恋したばかりの人を除いて、恋愛を嫌う人はいないのです。

ある宗教的な本によると、人生は魂の修業であって、
様々なトラブルこそがその修業のテーマだというのです。

そして恋する相手はもっとも自分と違う資質をもった人間だというのです。

つまり、全く正反対の性格の人間が出会い、
それぞれの魂の修業のために恋に落ちるというのです。

意見や感性の合う人ばかり付き合っていては何の修業にもなりませんから、
この意見はあながち間違っては居ないようにも思うのですが、
恋や愛はこのように原因やその理由をはっきりさせない方が良いようにも思うのです。

カテゴリー: 恋に落ちるメカニズム タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">