恋愛している時の心理は複雑なものです

人と人との間に生じる感情には色々なものがあります。愛情、友情、そして恋愛感情です。それぞれは別の感情ですが、一部重なるところもあるものです。また友情が恋愛感情に発展することもあるものです。愛情というのは親が子供に対して感じる感情です。またペットに対して飼い主が感じる感情も愛情です。友情というのは同性異性に関わらず感じる感情です。一緒にいて楽しい、自分と話が合う人に対して感じるのが友情です。異性の友達で友情が強まると好きという気持ちになるものです。友情より一歩踏み込んだものが人を好きになるということです。人を好きになるということは誰にでもあるものです。その時の心理は理解しがたい時があるものです。いつでも一緒にいたいと思う反面、一緒にいると恥ずかしいと思うことがあります。優しくされると嬉しいものですが、冷たくされてもより好きという気持ちが強くなることがあります。恋愛感情を持っている時の人の心理というのは理屈では説明がつかない事があるものです。

カテゴリー: 恋愛している時の心理は複雑なものです | コメントする

恋愛でうまくいく為には心理を見直してみて

自分は顔も結構かわいいし、スタイルだって悪くない、気遣いもできているほうだ。なのに、いつも恋愛はうまくいかない。だめな人ばかり好きになってしまう。という人がいます。そんな人は、もしかしたら、自分の深層心理が自分はブスだ。自分は幸せになんかなれない。と思っているのかもしれません。無意識にです。だから、うまくいきそうな時も、わざと自分からダメにしてしまうこともあります。無意識に、なんです。それは、自分が子供のころ誰かに言われた衝撃的な一言だったり、自分が自分に暗示をかけてしまっていたりと、理由はたくさんあるでしょう。まずは、凝り固まってしまったネガティブな心を解きほぐしていきましょう。ホ・オポノポノは有名ですね。自分を愛して、今のままの自分を認めて、辛い記憶を削除していくのです。道ですれ違っても、誰だかわからない位に。そうしたら、新しい幸せな言葉のシャワーを自分にひたすらかけてあげましょう。自分を好きになって、自分に自信が持てれば、恋愛はうまくいきます。無意識から変えていくことです。

カテゴリー: 恋愛でうまくいく為には心理を見直してみて | コメントする

恋愛は顔で始まるが、でもちがう心理がある

恋愛を顔で判断している人というのは、ほとんどかもしれないということに気がつくことがよくある。

でも、このことというのは間違いではなく、正しいことだと認識している人は少なくないと思う。

こんなことを言ってしまったら、ミもフタもない話になってしまうが、それは第一印象の話でのことなのです。

ここであきらめては好きな子との恋愛なんてはじめからできないのです。

スポーツが好きならその分野で、そして趣味が一緒ならその分野でという感じにつながりを深くしていくことが肝心なのです。

これも一種の心理戦でもありますが、このようにもっていくことができると見通しは明るくなっていきます。

でも、これも下心なしに自然とできるともっといいのです。

とにかく、イケメンじゃない人というのは、その点では勝てないので、勝てるところで勝負できる環境にもっていくことが大切ということなのです。

そんな得意分野をもてるようにすることこそが、心理戦にも勝てる要素なのです。

これが恋愛は顔で始まるが、でもちがう心理があるというお話のご説明ということになります。

カテゴリー: 恋愛は顔で始まるが、でもちがう心理がある | タグ: , , | コメントする

恋愛心理はとても複雑です

複雑な恋愛心理

恋愛とは、相手との駆け引きが大きな重要になってきます。

相手の気持ちをずっと自分に惹きつけておくことは、とても大変です。

付き合い始めはお互い楽しくて、相手のことが良く見えがちですが、
時間がたってくると、お互い冷静になってきます。

いつまでも相手を好きなままでいて、なおかつ相手からも必要な存在だと思わせるためには、
多少の駆け引きは必要です。

恋愛心理はとても複雑で、ほんのささいなきっかけで相手を好きになったり、
好きな気持ちが冷めてしまったりします。

相手の事を好きになる瞬間というのは、ほとんどが自分の思い込みや錯覚から始まることも多いです。
それらを時間をかけて本当の恋に出来るかどうかは、お互いの関係のあり方によります。

多少ずるい駆け引きをするときもあるかも知れませんが、それが相手の心理を動かして、
自分に気持ちを向けることが出来ることもあります。

恋愛心理はとても複雑で、何が良いか悪いかは、二人の関係次第ということです。

実際に私も最近、流行のFacebookを使った恋活アプリを利用しています。

メールだけだとなかなか考えを伝える難しさをすごく感じています。

カテゴリー: 複雑な恋愛心理 | タグ: , | 1件のコメント

恋愛で使える心理学について

駆け引き

恋愛には駆け引きが付き物になる事が多いです。

誰でも気軽に出来る恋愛心理学を使い、相手の気持ちを探ったり、
自分に好意があるかどうかを確かめる事が出来ます。

まず相手が自分の事を嫌いではないか確かめる方法ですが、
人にはパーソナルスペースがあります。

距離にして50cm以内の相手のパーソナルスペースに踏み込んでみて相手が後ずさりや、
拒否反応を示さなかったらあなたを受け入れている、

または好意がある事になります。
ただ、シャイな人は好意のある人に近寄られて緊張する事で逃げてしまう場合もあるので、
相手の性格を考慮しながら試してみる事が大切です。

また、嫉妬心を上手く活用する方法もあります。

他の異性に取られてしまうかもしれない、
という危機感を持たせる事により相手のジェラシーを刺激し
恋心に火を付けさせ良い方向に進展させる事が出来ます。

この方法は付き合う前の関係の時に試して下さい。

付き合っている最中に試すと、
別れる可能性が出てきてしまうので注意です。

カテゴリー: 恋の駆け引き | タグ: , , , , | コメントする

恋愛の心理は謎のままの方が良い

人は恋をすると相手の事をもっと知りたくなるのです。

これは恋愛の普遍的な心理です。

先日読んだある本には、異性が発するなんらかの
フェロモンによって人は恋に落ちると書かれていました。

また、ある本には恋愛は心理的な勘違いで起こるとも書かれていたのです。

フェロモンであろうが心理的な勘違いであろうが、
失恋したばかりの人を除いて、恋愛を嫌う人はいないのです。

ある宗教的な本によると、人生は魂の修業であって、
様々なトラブルこそがその修業のテーマだというのです。

そして恋する相手はもっとも自分と違う資質をもった人間だというのです。

つまり、全く正反対の性格の人間が出会い、
それぞれの魂の修業のために恋に落ちるというのです。

意見や感性の合う人ばかり付き合っていては何の修業にもなりませんから、
この意見はあながち間違っては居ないようにも思うのですが、
恋や愛はこのように原因やその理由をはっきりさせない方が良いようにも思うのです。

カテゴリー: 恋に落ちるメカニズム | タグ: , , | コメントする

恋愛中に陥りがちな心理について

2013-08-31_145056

恋愛とは不思議なものです。

なぜ恋が発生するのかはよくわかっていない部分もあります。

心理の一部や陥りがちな事例を紹介します。
恋愛とは対象の人物に対して特別な感情を抱くことです。
自分が好きなタイプだけでなく、好感を持った場合に発生し、
その人物と自分の関係を深めたいと欲求を感じる心理が働きます。

またそういった場合には自分をよりよく見せてアピールをすることも多いため、
服装に気を使ったり相手が喜ぶようなことをすることもあります。

恋愛中には周囲の状況がみえなくなる例もありますので、注意が必要です。

周囲の人物に相談や報告をする際に冷静さや通常の考え方の一部をコントロールできずに、
友人などとの関係を悪くしてしまったり悪い感情を抱かれてしまうこともあります。

恋が成就して気分が高揚している状態の時にも注意が必要です。

また恋に集中するあまり、通常の自分ではしないであろう行動をとる心理もあります。

気持ちが盲目になることも多いです。

カテゴリー: 恋愛中に陥りがちな心理について | タグ: , , , | コメントする